結婚前に選ぶ婚約指輪

婚約指輪を購入する内情


近年のブライダル事情として婚約指輪の購入額の平均や相場は一昔前と比較した場合、価格が抑えられている傾向にあり、20万円未満が多いものの、施す宝石のランクや数などによって数十万円の差が生じています。近年、結婚を控える女性側の意見として、婚約指輪をもらうこと自体に価値を見出すケースや、結婚式や新婚旅行に費用を掛けたい内情からも低価格での購入額に落ち着いています。また、婚約指輪はプロポーズ時や結納、両家の顔合わせ前に準備するスタイルが一般的であったものの、現在では慣習や意向なども多様化しているため、それぞれのタイミングで用意や購入するケースが圧倒的に増えています。ですが、プロポーズ時にけじめとして活用したい場合、ダイヤのルースで仮の指輪を作り、後日ゆっくり製作できる内容やレンタルできるプランなどもあり、結婚を意識した男性にとって活用したい内容です。


宝石が引き立つデザイン


婚約指輪は普段身につける機会が少ない分、ダイヤモンドをあしらい、豪華なデザインに仕上げるケースが圧倒的に多く、代表的な婚約指輪のデザインは一粒のダイヤモンドの輝きを引き立てる立て爪とも呼ばれるソリティアタイプで、2点や4点があるものの6点の爪で支えたタイプが主流です。その他、メレと呼ばれる小さなダイヤモンドをリング全体にあしらうベゼルも人気が高く、爪がない分だけ引っ掛かりがなく、使い勝手で評価されているタイプですが、低く留める立て爪技術によって引っ掛かりにくくさせることができ、婚約期間中だけではなく、結婚後の結婚指輪との重ねづけでも安定感を与え、さらに宝石そのものが大きく見えるメリットも立て爪タイプに言える内容です。

大切な記念日の前に、結婚指輪を銀座で購入するのがオススメです。銀座には、ジュエリーブランドのお店が多く立ち並んでいます。