婚約中に身に付けるリング

自由なアレンジができる


結婚指輪と違い、婚約指輪はセミ・フルオーダーで仕上げるケースが非常に多く、給料の3ヶ月分の価格が平均額と言われています。セミオーダーでの場合にアレンジを追加することが可能で、地金の変更や加工などに関しては価格に差が生じる場合があり、ショップによって違いが挙げられています。地金の変更も種類によって差が生じ、一例として18金からプラチナへの変更では3割程度の割高となるケースが挙げられています。また、表面や裏面加工を変える場合には、婚約指輪のデザインによって可否が異なるのも知っておきたい内容で、小さな宝石をちりばめた複雑なデザインが多い婚約指輪ならではの事情で、難易度によって差があるものの、中には無料や数千円でアレンジできる場合もあり、ジュエリーコーディネーターに相談するのがポイントです。


婚約指輪で人気のカラーダイヤ


男性の高価な買い物と言われているのが婚約指輪で、ベースのデザインにアレンジを加えるセミオーダーで仕上げるケースが一般的です。特に婚約期間中に女性が身に付けるために、ダイヤモンドなどの宝石をあしらった凝ったデザインで仕上げますが、ダイヤモンドにもカラーダイヤが展開されており、実用的な結婚指輪と違い、見た目にこだわる女性からはピンクダイヤをあしらった婚約指輪が支持されています。採掘量も少なくて希少価値の高い宝石でもあり、色が濃いほど高額であり、天然のカラーダイヤへのアレンジ変更では数万円の価格差が生じるケースも挙げられています。ですが、淡く上品な色であるために肌馴染みが良く、女性の憧れの宝石の1つとして永く愛用できます。また、ラブリーになる色で飽きがでやすいことも考慮し、控えめに目立たない場所に入れることやメレダイヤをピンクダイヤにアレンジさせることも可能です。

結婚指輪を立川で探すなら、駅南口に7件と北口に1件、いずれも徒歩5分圏内にお店があります。他店との行き来にも時間がかからないので、比較しやすいのが魅力です。