長く保管する婚約指輪

グレードで差がつく指輪


10万円から50万円など、指輪の購入額には個人差があるものの、その大きな差となっているのがダイヤモンドのグレードです。婚約指輪を贈る・身につける意味合いには、結婚を前提としたお付き合いや結婚するけじめや証の意味が込められており、メンテナンスを施しながら代々引き継がれるケースもブライダル事情として見聞きされる内容です。結婚指輪はゴールドやプラチナのシンプルなデザインが主流となり、一般的に宝石が施されていないものの、婚約指輪には大きさ・色・透明度・カットによるグレードの良い宝石があしらわれているデザインが主流です。0・05カラットの違い1つで直径にも変化があり、輝きが引き立つ立て爪タイプでは見た目に差が生じやすく、大きさを重視する場合にはカラット、輝きではカット、カラーアップによって透明感のある婚約指輪を選ぶことが可能で、何を優先するべきかで予算を設定することがポイントです。


宝石を引き立てる素材


婚約指輪では素材に着目する男女は増えています。日常的に身につける結婚指輪では、キズつきにくい・引っ掛かりにくい生活スタイルを意識した素材選びが提案されていますが、同じように婚約指輪もセットで重ねづけするケースもあり、変質や変色しにくい素材が選ばれています。さらに婚約中や結納以外では身につける機会が少なく、引き出しの中に保管するケースが一般的であるため、利用頻度は低くとも、保管内容による変色などが見られるために純度が高い素材が支持されています。特にダイヤモンドの輝きを美しく引き立てる素材として日本人から支持されるのがプラチナで、永遠や純粋といった結婚に深く関わる意味を持っていることからも人気を集めています。

付き合っている彼女にプロポーズを考えている人もいるかと思います。ならば婚約指輪を銀座で購入してはいかがでしょうか。婚約指輪を扱うお店が大変多いので、きっと好みの物が見つかると思います。